« コラム160<山猿合戦> | トップページ | コラム162<薬師寺展> »

2017年4月27日 (木)

コラム161<皇太子談>

<皇太子談>―歴代天皇写経感動

 

2017,3,1

2月23日57歳誕生日の皇太子さまの会見記事の前文を読み、去年8月7日地元愛知県西尾市の署名な「岩瀬文庫(重要文化財で古文書他貴重な資料本10万冊余蔵書)」を訪れた記事を興味深く拝見して感激しました。

「岩瀬文庫では、戦国時代の1540年(天文9年)に平安時代の嵯峨天皇以来の伝統に習い、国家の平安を祈念し、諸国の一宮に奉納した「後奈良天皇の宸翰般若心経写経」をご覧になり天皇のありように心動かされた。

次の日、8日には天皇譲位の声明があり、今は一入天皇の在り様に思いを致したとその誕生会見に述べられていた。」

「歴代天皇は、平安時代・「嵯峨天皇、鎌倉時代・後嵯峨天皇、伏見天皇、南北朝時代・北朝の後光厳天皇、室町時代・後花園天皇、後土御門天皇、後柏原天皇と後奈良天皇が挙げられる」と会見で述べられていた。

早速、自坊に近い「岩瀬文庫」に行き、皇太子さまの見た「後奈良天皇の宸翰般若心経写経」のレプリカを見た。学芸員にも有って、当時の様子も聞いた。

地元新聞の記者にも伝え、24日付け「三河新報」にも取り上げられ、地元西尾市の皆さんへも宣教した。

|

« コラム160<山猿合戦> | トップページ | コラム162<薬師寺展> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181757/65203186

この記事へのトラックバック一覧です: コラム161<皇太子談>:

« コラム160<山猿合戦> | トップページ | コラム162<薬師寺展> »