« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

コラム154<仏像彫刻>

<仏像彫刻>―仏像を彫る会作品展

今回は、「仏像展覧会」のお知らせを致します。

          記

 「仏像を彫る会作品展」

日時;平成28年8月23日(火)~9月5日(月)9時~15時

場所;三井住友信託銀行目黒支店ロビー(JR目黒駅西口前)

 

拙僧の出陳作品は、阿弥陀如来坐像(坐高30センチ)」蓮台・光背併せて髙さ50センチです。1年半掛けて、彫り上げました。この、「阿弥陀如来坐像」は拙僧の同行佛として、死後、浄土へ一緒に同行して頂ける仏像です。

出陳した「阿弥陀如来坐像」は、展覧会終了後、自坊「大給山一心寺」へ搬入して、9月24日に自坊にご来山して頂く薬師寺山田法胤前管主による開眼法要を、執り行う予定です。

期間中、場所柄拙僧は、待機していませんが、ぜひご覧下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

コラム153<新写経会>

<新写経会>―奈良女子大東京佐保会館

 

拙僧は、既に80歳余命自己告知を宣言して、活動を絞っているが、なぜかこのところ、北海道を始め、全国から最後の法話の申し込みがある。ご縁の有難さを実感しています。

また、昨日は、奈良女子大学の卒業生の会東京佐保会(会員1200名余)から写経会の開催依頼を受けた。6年前東京佐保会(当時会長家内)の総会(於:学士会館)で薬師寺山田管主に法話をして頂き、その時世話人として、まだ俗人の立場、法話会に随行した。

そんなご縁で、今回は、薬師寺僧侶として、昨日、東京佐保会の幹部会か、ら正式に写経会開催を依頼さた。80歳までの5年間までの条件付きで、お受けした。

既に自坊「一心寺」での一心寺洗心会(坐禅・写経会)は、5年半で70回を迎え2千人余の人々が参加している。

今回の「新写経会」は、一心寺東京分庵写経会として、「東京佐保会館」で月一回9月から開催致する。

法話・坐禅・写経を午後1時半より3時まで、従来通りに進める。既に参加希望者が、多く期待されている。

 

微力ながら、80歳まで、人のため、世のため、「こころの布施」を続けていきたいと思っている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »